スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    失恋を乗り越えて新しい出会いと恋を始める為に

    出合い、であい comments(0) trackbacks(0) kazuko
    失恋を乗り越えて新しい出会いと恋を始める為にするべき事

    ●恋人との辛い別れを乗り越えるために!失恋から立ち直る効果的な方法

    「ずっと一緒にいようって言ってたのに。別れようなんて嘘だよね?」彼氏から告げられた突然の別れ。

    動揺して、悲しくて、ひとりになったら身がちぎれるほど寂しくて、どうしたらいいのかわからない。

    恋愛を経験する中では、必ずそういった悲しい別れも経験するものです。

    そういう別れに直面した時の辛い気持ちの整理の付け方と、立ち直り方についてご紹介します。


    失恋から立ち直って気持ちを整理していくためには、いくつかのステップを踏んでいく必要があります。

     STEP1:涙が枯れるまで泣いて、一度悲しみの底まで落ちる

    失恋直後は、無理に笑顔を作ったりカラ元気は逆効果です。

    食べることも寝ることも忘れて、とにかく泣いて泣いて、一度悲しみの底まで落ちてしまいましょう。

    思い出の曲や失恋ソングをかけまくって、誰もいない部屋で言いたいことを全部ぶちまけて、大声で泣くのです。

    家だと家族がいてひとりになれないなら、カラオケに行くのもおすすめ。そこで失恋ソング歌いながら、思う存分泣きましょう。

    最近はひとりカラオケも珍しくないので、周りはそんなに気にしてないはずです。


    STEP2:最初に食べるのは、温かくて好きなもの

    涙が枯れるまで泣き続けると、ある時ふっと糸が切れたように涙が止まる瞬間がきます。
    それがきっと、悲しみの底なのです。底に着いたら、何か温かくて自分が今「食べたい」と思う好きな物を食べましょう。

    スイーツでもごはん類でもいいですが、心が冷え切っているので、できれば温かい物がおすすめです。


     STEP3:思い出の品を片付ける

    写真や彼からのプレゼントなどの思い出の品は、本当は処分するのが一番ですが、なかなかすぐには捨てられないと思います。

    そんな時は、すべてをひとつの箱にまとめて、一度押し入れの奥など目につかない所にしまっておきましょう。

    慌てて捨てなくてもいいんです。気持ちの整理がついて、いずれ処分できる日がやってきます。


     STEP4:ひとり〇〇を最低ひとつする

    悲しみの底にいる期間は、1週間、1ヶ月と人によって様々だと思います。

    けれど、そこから抜け出したいと思う時は必ずきます。

    無理にではなくていいですが、少しでもそう思えるようになったら、今度はひとりでいられる時間を大切にしてみましょう。

    彼と別れてひとりになり孤独になった反面、誰にも縛られない自由を手に入れたのも事実です。

    それならこの機会に、ひとりで楽しむ事に挑戦してみましょう。

    ひとり映画、ひとりディナー、ひとりバー、ひとり旅、何でもいいのです。

    ひとりで行動すると、誰かと一緒とはまた違う楽しみや発見、出会いがありますよ。


     STEP5:新しい事にチャレンジする

    おひとり様が楽しめるようになったら、自由がある今のうちに、何か新しい趣味を始めてみましょう。

    ただ、ここで言う趣味はひとりでやるものではなく、資格や技術が必要なスポーツや英会話、ダンスなど複数の人と関わる必要があるものです。

    新しい世界に飛び込むことで、自分の視野や世界はもっと広がります。

    そこには素敵な出会いが待っているかも知れないし、良き友人ができるかも知れません。

    そう考えると、狭い世界の中でいつまでも別れた彼に執着しているのは、もったいないと思いませんか?

    恋人がいたり結婚すると、新しい事ってなかなか始められなくなります。そういう意味でも、シングルの時間はとても貴重なんですよ。


     

    出合い系サイト 6 飢杉剣心 さま

    出合い、であい comments(0) trackbacks(0) kazuko
    出合い系サイト 6 飢杉剣心 さま

    「先日、無料だから、近所で大人関係に登録した。ただで近くの女の人と遊べはずだったから。しかしメールはできても全然出合いない。メールは五人にだしたら五人とも返事な来たぞ。しかし、ああだらこおだらの展開のあげくいつの間にか駄目になうてしまう。五回もだよ。最近はその出合いサイトから有料サイトを使いなさい、のメールが来たぞ。おかしいのでネットで調べたらとんでもない無料出合い系サイト近所で大人関係の情報を見つけたぞ!
    「男性会員からは素人の女性会員からの書き込みは見れない。
    つまりサクラしか表示されない。
    女性会員からは男性の書き込みを見れるし、メールも送信出来る。ただし、決して、相手に届くことはありません。
    ティアモという有料の自動登録サイトのための無料出合い系サイトです。」
    加奈さん。こんな悪質出合いサイトを平気で紹介するなんて顔だけじゃなく本当にタヌキだね。」

    貴重なご報告ありがとうございました。
    ただ、何か勘違いなさっていらっしゃるようです。当、出合い三ッ星では、そのサイトはお取り扱いはらしておりません。。。

    出合い系サイトで片思い〜お便りメール
    ゴパン三世 さまから、いただきました。

    「加奈さん、はじめまして。ゴパン三世と申します。
    今、ラブサーチに気になる女の子がいます。何度かメール交換をしているうちに何となく他人とは違う感じの気になる女の子になってきました。三週間ほど前に写真の交換もしました。写真の彼女は美人とは言えないし、それほど可愛いくもないですが、僕には調度だと思えましたしその笑顔が魅力的でした。
    彼女の方も
    「私の想像どおりだったので安心しました。」
    との反応でした。
    それ以来、寝ても覚めても頭の中は彼女のことでいっぱいです。
    早く会いたいですが、そこからなかなか進行しないんですよ。メールも前はすぐに返事をくれてたのに、最近は三日も来ないこともあります。フラれたのかと思って落ちこみましたが、何度も何度もメールを送っていると突然返事が来てくれました。体調が悪かったそうだし、謝ってもくれました。
    涙が出るほど感動しました。しかし、またすぐに停滞状態に なるんです。写真交換から、とうとう三週間が過ぎてしまいました。加奈さん、コレッて僕の片思いなんでしょうか?
    出合い系サイトでまで片思いなんでしょうか?これじゃ、いつもとおんなじダアアアア!」
     

    運命の出会いを経験しました。

    出合い、であい comments(0) trackbacks(0) kazuko

    運命の出会いを経験しました。

    どんな出会いかというと、、、、、、

    今から七年前、部活で出会いました。
    初めて話した日から、心が躍りだしそうでした。
    その後トントンで付き合いだし、運命だとお互い騒いでいましたが、破局。
    その後二人は別々に恋をしました。
    未練もお互いありませんでした。
    それからは部活仲間で遊んだりすることはありましたが、それ以上でもそれ以下でもなく、また、お互い何も望んではいませんでした。
    それから七年たった今、急に二人の気持ちが同時にお互いに向いたのです。
    不思議でした。
    「あなたがすきだわ」
    今気づきました。というような、スコンと何かが抜けるような。
    そして彼も。
    まるで、うっかり恋心を忘れていたみたいに。
    今は慈しみ合い、愛し合い、お互いを大切に、こうやって年をとっていくんだなと、暖かい気持ちですごしています。
    私たちには、こういう運命がまっていたんだなと、うれしく思っています。
    空白の七年間は、まるで神様が、「あ、一番最初に運命の人持って来ちゃったよ。失敗失敗(><)
    ちょっとごめんよ、別れて頂戴。やり直すから。
    もうちょっと他の人と関わってから、あなたたちをくっつけるからね。」
    って操作したしたみたいでした。
    これでよかったと思っています。

    運命の出会いと思ったのに、運命じゃなかったこと

    出合い、であい comments(0) trackbacks(0) kazuko
     運命の出会い…ってよく言いますけど、運命の出会いと思ったのに、運命じゃなかったことってありますよね。
    ちなみに…元彼は、初めて会った時に 私と結婚する! と思ったらしいけど、してません。
    今彼は、初めて会った時に私が、この人と結婚する!と思ったけど、家族に難ありで、今のとこ結婚は…( ̄ω ̄;)ウーンって感じです。

    出会い方が漫画のようだったので運命だ!って思ったのですが。
    大学当時、私は駅まで自転車で通っていたのですがその日は寝坊して大慌てで駅へ。
    自転車置場に停めようとしたら見事に他の自転車をドミノ倒し…
    田舎なので電車の本数は少なく時間もヤバイ、すっごく焦ってたので自転車をおこすのもうまくいかない…
    そんな時偶然通り掛かったサラリーマン(26歳)が助けてくれました。
    はじめは「俺がやるから君は行っていいよ。時間ヤバイんでしょ」と言ってくれたのですがそんなわけにもいかず、彼が手伝ってくれたので一緒に自転車をおこしていたら『焦らなくていいよ』と飴をくれて優しくなだめてくれました。
    そしてその日の夕方、いつもはバイトでもっと早く帰るのですが、その日はたまたまバイトは休みで友達と遅くまで残って話をしていました。
    週6日でバイトしてたのでそんな日はなかなかありませんでした。
    駅につき、自転車を出そうとしたらまたドミノ倒し…
    自分に嫌気がさしながらおこしていたら「また君か」と声がかかりました。
    朝の彼です。
    笑いながらまた手伝ってくれ、話をしていると、彼はいつもは駅の南口を使うのですが今朝は友人の家から来たため偶然北口を利用。
    帰りも顧客のところからの帰りでたまたま通った。
    こんな日は一年に一度あるかないかだそうで…
    その駅は南口から北口に行くにはホームを通らなければならずお金がかかります。
    南口から北口に迂回するにも1キロちょい歩かなければならないので南口の人がわざわざ北口を利用することはまずありません。
    ですので互いに運命!と思い、三ヶ月のメル友を経て付き合いはじめたのですが。
    付き合ってみるとバイトの忙しい学生とサラリーマン、なかなか時間があわずあっさり別れましたf^_^;
    あの時はホントに運命だと思ったのですがねぇ
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM